放爆ベント付乾燥炉、排煙処理装置を試運転中です。

2013年、最初の更新です。今年もよろしくお願いします!

さて、約3年前にご発注頂いたお客様から再びご発注をいただくことが出来ました。新規の受注も嬉しいものですが、同じお客様から再びご発注頂ける喜びはまた格別です!

放爆ベント付き乾燥機テスト中

この装置はワークの中に含まれる油分を加熱乾燥処理により取り除くための乾燥機です。

一般的に熱風乾燥機は加熱用ヒーターの消費電力を抑えるため、熱風は一度炉内を通過した後、再度炉内に送り込まれる“循環式”を採用していますが、この装置は1ウェイ=「1度乾燥炉内を通った熱風はそのまま排気」の方式を採用しています。排気内に含まれる油分が高温になると発火の恐れがあるためで、炉内を通過した熱風はそのまま排気処理します。その分ランニングコストは高くなりますが安全には代えられません。さらに安全性の追求として上部に放爆ベントを設置し、万が一の場合にも安全に爆圧が逃げる設計となっています。

油分を含んだ排気は排煙処理装置(写真左側)へと送られ浄化されます。こちらは、排気内に含まれる油分を除去、排煙を無色にするフィルター機能も併せ持っています。

熱処理と排ガス処理という島川製作所のコア技術が活かされた製品です。

【放爆ベント付乾燥機】

槽内寸法:W1200×D1000×H1500 mm

温度範囲:最高300℃(調整精度±1℃)

カテゴリー: 乾燥機, 加熱炉   パーマリンク

コメントは受け付けていません。